VIO脱毛は恥ずかしい!?<痛み・回数・期間・形>悩める女性にお答えします!

VIO脱毛の詳細。脱毛サロンや医療クリニックでデリケートゾーンのVIO脱毛を行うときの流れや特徴をまとめました。

VIO全体を薄くするとき、まだらにならないの?

time 2016/07/12

VIO全体を薄くするとき、まだらにならないの?

Vライン全体を照射したり、VIO脱毛を行う方のほとんどが、照射後にまばらに生えてくる毛に不満や、疑問を抱えています。

アンダーヘアの毛が太く濃いのが悩みです。1度全体を剃った後、1~3回ほど全照射すると質が変わり薄くなると聞きました。でも、まだらになってしまわないでしょうか?

結論から言うと、まばらに生えてくることに問題はありません。エステで行われる光脱毛でも、クリニックの医療レーザー脱毛でも同じですが、VIO脱毛が完了するまでには時間がかかるということをあらかじめ知っておきましょう。なので、生え揃うまでにはある程度の時間が必要になります。

1回全照射した方の場合は、生え揃うまでには10~12週間ほどかかるというのが目安になります。2回目以降は、様子を見ながら進めることをおすすめします。不安な方は、脱毛の考え方の土台となっている毛周期に関して知っておきましょう。安心して脱毛することにつながります。

アンダーヘア全体を沿った後、全照射すると毛がまばらに生えてくると聞きましたがなぜでしょうか?

毛のサイクルを知れば、まばらになる理由がわかります。体毛は、それぞれ一定のサイクルによって細胞の分裂を繰り返しています。以下の4つの流れを繰り返しています。

①初成長期・・・皮膚の中で伸び始める
②成長期・・・活発になり、皮膚の表面に出てくる
③後退期・・・伸びた後、抜けはじめる
④休止期・・・抜け落ち、次の成長を迎えるまで休止する

身体中の体毛全てが、①~④それぞれのステージに分散されています。いつも一定の量を保てるように、それぞれにバランスよく異なったサイクルが割り当てられてるという仕組み。ある毛が休止中の時は、別の毛は成長しており、表面に出てきて肌を守ったり、体温を調節するのを助けたりしています。

毛周期があることが、まばらになる一番の理由

施術で使われる光やレーザーは、休止や後退期の体毛には反応しません。なので、脱毛の施術は成長期をねらって時期をずらし、複数回、施術を重ねるシステムになっています。
例えば、今日あなたがVIOラインにレーザーを当てるとしましょう。すると、今日の時点で成長の段階にある体毛には効果を発揮し、抜け落ちていきます。

しかし、今日の時点で後退や休止期の体毛にはレーザーが当たらないため、効果を発揮しません。当たらなかった場合は、しばらくするとまた生えてきます。そのため、VIOラインのヘア全体がまばらであるという状況が現れるという理屈です。

VIOを薄くするとき、何に気を付けたらよいでしょうか?

VIOを全照射すると毛がまばらに生えてきますが、気に入らないからといって毛抜きで抜いたりしてはいけません。ワックスなども同様です。光やレーザーが当たっていない体毛の、周期がさらにずれ込んでしまいます。そして、次回照射をするときに、毛抜きで抜いた部分が休止の状態にあると、ふたたび効果がなく、まだらな状態がいつまでも続いてしまうことに。

よりスムーズに早く、VIOラインを仕上げたいのであれば、まだらになっても気にしないで仕上がるのを楽しみに待ちましょう。しかし、もし数か月経過しても状態に変化が現れなければ、担当スタッフや医師に相談してみてください。基本的には、毛周期が原因となっている場合が多いので、心配はありません。

合わせて読みたい記事