VIO脱毛は恥ずかしい!?<痛み・回数・期間・形>悩める女性にお答えします!

VIO脱毛の詳細。脱毛サロンや医療クリニックでデリケートゾーンのVIO脱毛を行うときの流れや特徴をまとめました。

40代でVIO脱毛を経験。快適に過ごしている

time 2016/07/27

40代でVIO脱毛を経験。快適に過ごしている

この度ご紹介するF.Kさんは、沖縄県に住む43歳の主婦です。デリケートゾーンに強いかゆみが生じるようになったことがきっかけでVIO脱毛を決意しました。クリニックのレーザー脱毛を選択し、すべての回数を消化した今はとても快適に過ごしています。

F.Kさん(沖縄県・43歳主婦・女性)のVIO脱毛口コミ体験談

私は43歳の主婦です。若いころにニードル脱毛という方法によるワキの施術を経験しています。ニードルは針を使って毛を取り除く一昔前の方法ですが、きれいに仕上がっています。今はレーザーや光脱毛など高性能で痛みの少ない方法がいろいろと出てきているので、どれも魅力的だと感じます。

私の毛量は普通でそんなに目立つほうではないので、気になる部位をたまに自己処理するくらいで、基本的に生やしたままの状態でした。

私が脱毛を決意した理由は、強いかゆみを感じるから

でも40代になってから、ふとVIO脱毛をしたいと思うことが多くなりました。デリケートゾーンのかゆみが強く出るようになったことが大きな理由です。VIOのかゆみの主な原因は、毛に菌や汚れが付着した状態が続くことだそうです。毎日よく洗うほうですが、やはり一日経つとどうしても汚れが溜まってしまいます。

体調が良くないときは免疫が下がり、余計にかゆみが強くなります。そんな悩みがしばらく続いていたため、ネットで解決する方法がないか情報を検索していたら、VIO脱毛をすれば悩みから解放されるという記事を見つけたんです。

このまま毛を生やしていてもいいことがあるわけではないし、かゆみがなくなるかもしれないのならいっそ脱毛してしまおう、と決意しました。

私がクリニックを選んだ理由は、早く完了できるから

本当は、今流行っている光脱毛を経験してみたかったのですが、長い期間がかかるということで、子供もいることですし、短期で確実に毛をなくしたいとも思ったので、迷った末、市内のクリニックで医療レーザー脱毛を受けることにしました。ニードル法も考えたのですが、レーザーならば広範囲を一度に施術できるそうで、結局こちらを選びました。

クリニックでは、まずカウンセリングで施術の内容に関する説明を受けました。クリニックに行く前に施術してもらうことを固く心に決めていたので、その場で即決し、VIOライン10回コースを契約しました。温泉などに行ったときに少し人目が気になるので、無毛にはせずにVは少し残すことに。自然な楕円形の形にすることにしました。

一番緊張した初回の施術

初めての施術のときはとても緊張しました。VIOに麻酔クリームを塗ってもらったので、痛みはほとんど感じませんでした。一回照射しただけでもVラインがすっきりとして、心地よくなりました。今はもうすでに10回の施術を終了しました。IとOラインには毛がなくなり、見た目もよくなって、かゆみなどの不快感も消え、快適に過ごせています。

脱毛で得られる多くのメリット

デリケートゾーンは清潔であることに越したことはありません。清潔になるだけではなく見た目もよくなるので、今では全身鏡で自分の体を映すのが楽しみなくらいです。もちろん主人からの反応もよく、満足しています。現在の状態は、少し産毛があるくらいですが、まじまじと見なければ生えているかどうかもわかりません。

もともとは、強いかゆみがなくなればいいなと思って始めましたが、それ以上のメリットがありました。その1つに、今後自分が介護をされる立場になったときの不安が少なくなったことが挙げられます。VIOラインの見た目がよく、清潔であることに越したことはありません。

クリニックならではの安心感は変えがたい

クリニックでは医師が施術をしてくれるので安心感がありましたし、VIOに赤みが強く出たときにはすぐに鎮静クリームを処方してくれました。わからないことがあれば詳しく教えてくれます。施術は10回を超えることなく、所定の回数内でつるつるになりましたし、トータルで見ると安く、早く完了できたと感じます。

F.Kさんがこの度選択したレーザー脱毛は、一度脱毛すれば毛が生えてこない永久脱毛です。確実に毛をなくしたいという方にはおすすめの方法です。

合わせて読みたい記事