VIO脱毛は恥ずかしい!?<痛み・回数・期間・形>悩める女性にお答えします!

VIO脱毛の詳細。脱毛サロンや医療クリニックでデリケートゾーンのVIO脱毛を行うときの流れや特徴をまとめました。

医療クリニック(レーザー脱毛)でVIO脱毛をする

time 2016/07/20

医療クリニック(レーザー脱毛)でVIO脱毛をする

VIO脱毛をしたいけど、医療クリニックでの施術はどれくらいの効果があるの?と疑問に思っている方もいるでしょう。クリニックで行われている「医療レーザー脱毛」は、短期間で確実に効果を実感できる方法です。病院なので、トラブルがあってもすぐに対応してくれるという安心感があります。

しかしその反面、痛みが強く、肌への負担も大きいという注意しなければならない点もあります。こうしたメリット、デメリットを考慮した上でご検討ください。

短期で脱毛が完了できることが大きなメリット

医療クリニックで施術を受ける上での大きなメリットは、機械の出力が高いため1回ごとの脱毛効果が高いということでしょう。光脱毛で3年かかる箇所の場合、医療レーザーなら約3分の1の、1年という期間で完了させることができます。

また、一度完了した箇所には、ほぼ永久的に毛が生えてくることはありません。満足度の高い効果を得られるでしょう。

また、1回ごとの施術時間も短く、VIOライン全てを照射しても約30分で終了します。なので、とにかく早くつるつるに仕上げたいという方にはおすすめです。また、普段忙しくてなかなかまとまった時間が取れないという方にも適しています。

医師が診療していることで大きな安心感を得られる

レーザー機器は、医師が在籍している機関でなければ取り扱うことができません。ですから、施術は全て医師が担当します。照射後、肌に異常が起こった場合でもすぐに検診してもらえるため安心して、施術を受けることができるでしょう。

また、気になることがあれば何でも質問することができます。専門的な内容でもきちんと答えてくれるはずです。

痛みに弱い人はレーザー脱毛に向かない

医療レーザーの施術は、とにかく痛みが強いという点が大きなデメリットでしょう。特にVIOラインの肌は薄くて敏感なので、激痛を伴います。なので、麻酔クリームが使用できるどうかを事前に確認しておいてください。

また、痛みが強い分、肌へかかる負担も大きいと言えます。強いレーザーが使用されているので、まれに医師の判断ミスなどで肌や毛質に合わない出力で照射されると、火傷を引き起こす可能性も。

また、金額面について気になっている方もいるでしょう。レーザーは金額が比較的高めに設定されており、医療クリニックによって差はありますが光脱毛に比べると割高です。

しかし、キャンペーンなどを提供している医療クリニックもありますので、なるべく安く受けたいという方は予めホームページなどで確認することをおすすめします。

日焼けをすると施術が受けられなくなる

レーザーは、日焼けした肌に照射することができません。火傷を引き起こす可能性があるからです。ほくろやしみ、アザなどがある場合も同様です。だから特に露出の増える夏場は、うっかり日焼けしてしまわないように気を付けましょう。

比較的度合いの低い日焼けの場合ならば施術を受けられることもありますが、肌の黒さに照射が分散されてしまい、効果が出るのが遅れる可能性があります。VIOラインを脱毛したい方は、海に出掛けるのをひかえた方がいいでしょう。

以上のような、クリニックで脱毛を受ける場合のメリットやデメリットを理解した上で、施術を検討してみてください。痛みも強く値段も高めのクリニック。しかし医療機関ならではの安心感や高い効果はそれらを超えるメリットだといえるでしょう。

また、とにかく早く完了させたいという方には強くおすすめします。

合わせて読みたい記事