VIO脱毛は恥ずかしい!?<痛み・回数・期間・形>悩める女性にお答えします!

VIO脱毛の詳細。脱毛サロンや医療クリニックでデリケートゾーンのVIO脱毛を行うときの流れや特徴をまとめました。

全体的に濃い人は何度か全照射しよう!

time 2016/08/09

全体的に濃い人は何度か全照射しよう!

VIO脱毛を検討している方は、ぜひ「全照射」が含まれた脱毛プランを選びましょう。Vラインの内側に生えている毛をそのままの状態にしてVIO脱毛をすると、結果的に違和感のあるアンダーヘアになってしまいます。

全体がよくなじんだ自然な仕上がりを実現するためには、「全照射」を行うのがベスト。「全照射」とは、アンダーヘアのVライン内側の部分全体に光やレーザーを当てる方法です。

施術を行えば、濃く太い毛も徐々に薄く細くなります。結果的に、Vラインの外側とのバランスが取れ、見栄えがよくなります。もともとの毛が濃く、太い方は1度で済ませず、何度か行うことをおすすめします。

ベストな回数は人によって異なる

回数には、肌の状態や毛の濃さなどによって個人差があります。一般的な目安は、光脱毛の場合は3〜6回ほど、医療レーザーの場合は1〜4回ほどでしょう。

通常1度目で、目で見てわかるくらいの変化を感じられますので、様子を見ながらお好みで回数を調節しましょう。自分ではよくわからないという方は、スタッフの方と相談しながら決めてください。

前半に行うことで仕上がりが自然になる

全照射をする場合は、できれば施術1回目からにしてください。施術を開始してしばらく経った後に行うと、仕上がりのイメージが描きにくくなります。必ず施術開始と同時に行い、生え変わったときの毛の質や量などの様子を見て、回数を調整していくようにしましょう。

もともと薄く、量が少ない方の場合、1度行うだけでかなり薄くなりそれ以上必要なくなることも。

グラデーションを作ることで美しく仕上がる

美しい仕上がりを求めている方は、グラデーションにトライしてみましょう。自分が理想としているVのラインより少し内側の部分の施術回数を増やすことで、周りから徐々に濃くなっていくグラデーションを作ることができます。

興味がある方は、医師やスタッフに尋ねてみましょう。金額が少し高くなることがありますが、行って損はありません。

腕のいいエステティシャンを探せば安心

クリニックやエステによっては、VIO脱毛コースに全照射が含まれていない場合もあります。その際は追加料金が発生してしまうので、必ず事前に確認を取るようにしましょう。

また、グラデーションを希望している方や、より完成度を重視する方は、VIO脱毛やデザインに精通している腕のいい医師やスタッフを探すといいでしょう。ホームページなどで検索すれば、担当医の経歴などを事前に確認できます。

全照射を行うことによって、より自然で違和感のない仕上がりを実現できます。VIOラインの毛が全体的に濃い方は、できれば施術1回目から行いましょう。そして様子を見ながら、好みの量や質感になるまで回を重ねることをおすすめします。

また、あらかじめ全照射がVIOのコース内に組み込まれているクリニックやサロンを選ぶことが大切です。事前によく確認しましょう。

合わせて読みたい記事